新しい在留資格が創設されたことで、外国人留学生を採用する動きが高まっています。

働き手が不足している日本国内において、外国人労働者の人手はもはや必須のものとなっており、今後もますます増えていくことが予想されます。

今後留学生の受け入れを強化していくという政府の方針も発表されており、外国人留学生を採用する機会も増えてくることは想像に難くありません。

そこで今回は外国人留学生を採用しようかどうか迷っている企業や人事の方に対して、実際に外国人留学生を採用することによって得られるメリットや考慮しておくべきデメリットなどを紹介していきます。

留学生採用の4つの大きなメリット

実際に外国人留学生を採用することによるメリットはあるのでしょうか。 グローバル化や国際市場への進出を狙っている企業も多くなっているので、外国人留学生を採用しようとしている企業も少なくありません。

一方で、外国人留学生の採用は就労ビザや手続きなど普通の採用とは異なる点もあるため、実施を迷っている企業もあるでしょう。そこで留学生を採用することによって得られる大きな4つのメリットを紹介していきます。

閉塞した職場の活性化

外国人留学生の特徴として、多くの人が仕事への意欲に満ちているという点があります。わざわざ自国ではなく海外で就職することを選んだ留学生は日本で働くことへの意識が高い傾向にあります。

こういったやる気に満ち溢れた留学生を採用することによって、職場においてもエネルギーを与え活性化させることができるでしょう。

優秀な人材を確保できる

日本では少子高齢化が進み、労働人口が毎年のように減り続けています。限られている労働人口も、就活の際にはほとんどの人が大企業を希望する傾向にあり、本当に人手を必要としている中小企業は圧倒的な人手不足の状況です。

国内市場で確保できないのであれば、外国人留学生に目を向けるのも良い手なのではないでしょうか。実際に海外出身の人は、ITリテラシーが高い人が多く即戦力になれる人も少なくありません。(就労者のIT対応、日本は世界に遅れ 潜在力は高く: 日本経済新聞 (nikkei.com))

優秀な人材を確保するために留学生の採用を検討してみてはいかがでしょうか。

海外市場の開拓が可能になる

留学生を採用することによって、海外市場の開拓が可能になります。

留学生の語学力や文化的な背景を活用し、日本だけではなく海外の市場に対しても活動の場を広げることが期待できるので、外国人留学生は採用するだけで自社の可能性を広げるのではないでしょうか。

既存の人材では難しい斬新な新規事業のアイディアが浮かぶ可能性も

異なった文化を知っている留学生は、我々日本人が思いつきもしないような斬新な新規事業に関するアイディアを持っている可能性があります。

また、外国人としての視点から既存の事業を見てもらい改善点や成長できる点を見極めてもらうこともできるでしょう。

留学生採用による2つのデメリット

留学生採用にはメリットだけではなく、 デメリットもあるので注意してください。

そこで以下では、 外国人留学生を採用するにあたって気をつけておかなければならない2つのデメリットについて紹介していきます。

ビザの問題

留学生を採用する場合、学生をアルバイトとして雇うのとは異なり就労ビザが必要になってきます。就労ビザは取得するにあたって、様々な難しい書類を記入し提出する必要があるので、時間を見て専門家に依頼する必要があるでしょう。

一方で、エージェントや国の相談所など相談・依頼できる場所は多く、手続きさえしっかりすれば上記に挙げたたくさんのメリットを長期的に享受することができます。

異文化コミュニケーションの難しさ

私たちが普段日常生活を送っているにあたって、 当たり前のように感じていることが、外国人である留学生にとって全くなじみのないことである可能性があります。

特に日本で個人が特定の宗教を信仰することはなく、様々な宗教上の 文化行事が日常生活の中で当たり前のように取り入れられているのが特徴です。そのためある特定の宗教を信仰している人にとっては、カルチャーショックを受けてしまう可能性があるでしょう。

採用するにあたっては、あらかじめどういった宗教上の信仰をしているのかを確認し、できるだけトラブルが起きないように気をつける必要があります。

留学生採用における注意点

外国人留学生を採用するにあたってはメリット・デメリットそれぞれありましたが、 その他にも受け入れる側が意識したい点をご紹介します。

以下ではその注意しとかなければならないことについて解説していくので、 留学生を採用するにあたってはぜひ参考にしていただきたいです。

【大前提】在留期間の確認は怠らないこと

外国人が日本国内で働くためには就労ビザが必要になります。就労ビザには有効期限があり、期限が切れているにも関わらずその人を会社で雇ってしまった場合には、不法な就労として雇った企業が罰則を受ける可能性があるのです。

そのため外国人留学生を受け入れる企業としては、就労ビザの有効期限がいつか必ず確認しましょう。

契約条件の明確化

外国人の中には日本人と異なり契約条件をかなりシビアに捉える人も多くいます。そのため雇い入れる際には、必ず契約条件の明確化をすることによって、その後トラブルがないように気をつけましょう。

留学生の日本語能力の確認と向上

上記では会社側が受け入れる準備をしなければならないことを指摘しましたが、留学生側にも準備をしてもらう必要があります。

実際に働くにあたって日本語をスムーズに使いこなすことができるのか、困らない程度には意思疎通が日本語で出来るのかなど確認しておかなければいけません。もしまだ不足していると感じる場合は、ある程度日本語を習得してもらうために会社側としても何かしらの手段を講じる必要があるでしょう。

会社側・ 入社する留学生側の両方がしっかりと準備することで、スムーズに業務を行うことができます。

留学生採用で活用したいサービスとは?

実際に留学生を採用しようと思った時に「どのように採用すればよいのか分からない」[「募集をかけても留学生の人が申し込んで来ない」といった悩みを持つ企業や人事の方も多いのではないでしょうか。

一般の就活生と比べると、留学生の母数は少ないので入社してもらうためには意識的に集める必要があるのです。 そこで留学生を採用するにあたって有益なサービスを以下で紹介します。

Bridgers

こちらのサービスは、外国人人材を海外の現地で直接面接を行うことができるサービスです。現在までで内定者は2,500人を超えて、内定承諾率も92%と高い数字を持っているので安心してサービスを利用することができるのではないでしょうか。

実際に外国人人材を現地で面接する際にも、面接会場のセッティングや内定を出した後のアフターケアまで全て行ってくれるので、最初から最後まで一つの会社に任せることができるのも大きなメリットです。

留学生採用で、更なる会社の成長を図ろう

少子高齢化が進んでいく日本社会において、労働力不足は慢性的に続いていく深刻な問題となります。

一番理想的なのは日本国内の人口を増やすことによって、労働人口を少しずつ増やしていくことですが、これはなかなか難しいものがあるでしょう。そういった中で現実的な手段として取れるのが、外国人留学生の採用をはじめとする外国人人材の獲得です。

今後ますます外国人人材の確保は難しくなっていくことが予想されるため、今から積極的に行うことによって先手を打つこともできるでしょう。海外の優秀な留学生を採用することによって、更なる会社の成長を測ってみてはいかがでしょうか。